EC物流・通販物流専門!クラウド発送代行サービス

発送代行サービス クラウドロジ

発送代行サービス クラウドロジ

導入企業様からの評判

利用者の意見を取り入れて、使いやすく改善して頂けるのは助かります

利用者の意見を取り入れて、使いやすく改善して頂けるのは助かります|サービス内容|サポート体制発送代行クラウドロジ
物流センター 河野様

こんにちは!スタークスの菊川です。

本日は、弊社の提携倉庫会社様で物流センターの河野様にお話をお伺いしてきました。

河野様は、今後の出荷方法について、新規のお客様と打ち合わせをしたり、既存のお客様の新しい施策として「チラシを増やしたい」「商品のセット組をして欲しい」「ラッピングを始めたい」「新商品を出すのでチラシを変更したい」など、日々様々な相談を受けたりと、お忙しい毎日を過ごされているそうです。

今回は、そんな河野様に、クラウドロジを導入したことで物流現場がどう変わったのかについて詳しくお話を伺ってきました。

 

クラウドロジは非常に画期的なシステムだと思いました!

―― 最初のクラウドロジの印象はいかがでしたか?

私どものお客様には定期通販の方は元々少なかったので、物流倉庫さんのWMSでは対応できなかったので、同梱物に関しては手作業で全件入れるのか、全く入れないのかのどちらかしかやっていませんでした。一部短期で、ある商品を買った人だけに同梱物を入れる、というような対応をした事もありますが、手作業なので一定の作業品質を保てない問題もありました。これを考えるとクラウドロジは非常に画期的なシステムだと思いました。

 

以前のエクセルの管理では費用が余計に掛かっていました

―― 以前はエクセルで管理をされていましたか?

一部のお客様になりますが、お客様の方でエクセルに手打ちで同梱指示をいれていただき、その指示を見て作業をするというような事もやっていました。しかし、同梱物に拘りたいお客様に対しては、どうしても人手がかかってしまうため当初の見積もり以上の費用が掛かってしまうという問題も発生していました。

 

―― クラウドロジ導入前の不安はありましたか?

実際にやってみると問題なく出来たのですが、導入する前は同梱するチラシの量などもあまりイメージできていない状態だったので管理や作業をそこまで細かく出来るのかどうかというところに若干の不安がありました。

 

物流センターから離れていても現場の進捗状況が分かるのはすごく助かっています

―― クラウドロジを導入して改善できるといいなと期待していたことはありますか?

お客様には直接関係することではありませんが、パソコンを見るだけで作業の進捗が一目で分か
る事が画期的だと思いました。今までですと直接梱包現場に行かなければ分からなかった事が、パソコンを見るだけで分かるので、物流現場を管理する者としては非常にありがたい事だと思います。今現在のように物流センターから離れていても現場の進捗状況が分かるのは、すごく助かっています。

 

―― 導入して大変なことはありますか?

うれしい悲鳴なのですが、新たに事業を立ち上げるお客様が多くなってきたので、物流業界の常識から丁寧に説明しなければならなかったりするのが大変だったりします。他に、12月から新体制に移行する準備を進めていますが、今の段階から契約社数が爆発的に増えてしまっているのでレスポンスが遅くなってしまったり問い合わせに追われてしまったりというところで大変になってきています。

 

出荷数が増え売り上げも上がっています。弊社の発送ポテンシャルの高さを再確認できました

―― 導入前後でどんなことが変わりましたか?

契約社数と出荷数が大きく変わりました。出荷数に関しては、私が着任した3年前の12月の月間出荷数が2万件程度だったのが、先月には11万件弱の出荷数になっており売上も大きく上がってきています。

 

―― 一番大きなメリットは何ですか?

弊社には、こんなにも沢山の発送が出来るポテンシャルがある、という事を再確認させていただきました。もちろん、お客様にご協力いただいている部分もありますし、従業員も増えているという理由もありますが、作業スペースの割にこれだけの数の出荷が可能だという事に自分でも本当にビックリしている状態です。

以前ですと当日の朝に準備を始めていたので、実際に出荷できるのは11時から12時頃になってしまっていました。しかし、今では出荷する前日に事前準備が出来るようになったので、翌朝には直ぐに出荷できる状態になっています。このように大きく変わった事が出荷数の増大に繋がっています。

例えば以前、あるクライアント様の出荷作業では、同梱物が多く1日に200~300件が限界だったので、発送できなかった分を毎日ヤマト運輸さんにお願いしたりていました。、
現在では2000件程度でも1日で出荷出来ています。もちろんお客様にご協力いただいている部分も大きいのですが、以前に比べれば格段に多くの出荷が可能になったと思います。

 

利用者の要望を取り入れながら改善してもらえ、それをシンプルに使える様にしてくれるのが嬉しいです

―― クラウドロジのいいと思うところは何でしょうか?

使っていると改善して欲しいところなど要望も出てくるのですが、そのような要望に対してしっかりと対応していただけるというところは非常に助かっております。利用者の意見も取り入れてもらえるというところがすごく大きいです。

 

―― 他にメリットはありましたか?

クラウドロジは、使いやすいようにすごくシンプルに作り上げられているところが良いですね。シンプルだという事はビジネスにとって有利な事だと思うんです。クラウドロジをまだ使っていないお客様でも管理項目をもっとシンプルにしなければならないと思っています。

シンプルにして入力する項目を少なくした方が、それをカウントする費用や管理する費用が少なくて済みますし、間違って入力した場合でも、気づきやすいのでトラブルも少なくなると思うからです。なので、シンプルなのは弊社にとってもお客様にとってもお互いにメリットがある事だと感じています。

 

インタビュー後記

河野様のお話の中で特に印象に残っているのが、「クラウドロジを導入したことで、自社のポテンシャルがこんなにもあったことを認識した」ということです。河野様のお話をお聞きし、物流にテクノロジーを活用することで、これだけの効率化ができるということを改めて私も実感させていただきました。

そして何より、その効率化により、物流拠点様側にも出荷数の増大による売上拡大というメリットと、事業者様側にも、物流コストの削減を提供できていることが、本当に嬉しく思います。

河野様、本日はお忙しい中お話をお聞かせいただき本当にありがとうございました!

「導入事例」一覧に戻る