EC物流・通販物流専門!クラウド発送代行サービス

発送代行サービス クラウドロジ

発送代行サービス クラウドロジ

導入企業様からの評判

3~4社比較しましたがシステムの使いやすさ、コスパ共に抜群でした

3~4社比較しましたがシステムの使いやすさ、コスパ共に抜群でした|サービス内容|サポート体制発送代行クラウドロジ
松山様

こんにちは!スタークスの渡邊です!

今回は、松山様にお話を伺ってきました。松山様はこれまでにも、数社で通販事業に携わってこられ、現在は通販事業を店舗事業に次ぐもう一つの収入の柱にするため、美容&ダイエット関連の商品開発、CRM、フルフィルメントなど通販事業に関する業務全般を担当されています。

松山様が、今まで数ある配送システムを比較し、使用してきた中で、なぜクラウドロジを導入する事にしたのか?そのきっかけと、実際に使ってみてどうだったのか?インタビューさせて頂きました。

以前使っていたWMSの金額が想像以上に高くて他に良いところがないかと検討しました

――今後通販事業を始めていく中で、どんな問題や課題があったんですか?また、クラウドロジを知られたきっかけは?
ショッピングカートと配送システムを選定する作業の段階で定期モデル型の通販なの当初より、以前勤めていた会社でも使用していたスタークスさんのカートシステムを選定しました。
ショッピングカートには何の問題もないので迷う余地はありませんでしたが、配送代行をどうしょうかと悩んでいました。

以前は事業規模の割には配送コストが重く何とかしたいという思いというか反省点から数社から見積りを取ってみるとやっぱりWMSの金額が想像以上に高く、、、他にもっと良いところないかと検討する中で、クラウドロジだったら、カートシステムと同じスタークスさんだし互換性がいいのでは?という考えもあって見積もりをとってみたんですね。そこが、クラウドロジとの接点でした。

クラウドロジは、お客様ごとの細かな設定や対応が、唯一システム化されていて、尚かつ金額が一番安かったんです

―― 3~4社検討された中で、なぜクラウドロジを選ばれたのですか?

お客様ごとにできるだけ細やかなサービスを展開していきたいと考えていたので、定期商品の同梱材等を客層や使用期間などに合わせて細かく設定したかったんです。

ですが、その事を相談してみると、各社とも「それは、、、ちょっと要相談ですね、、、」と言われてしまって。やっぱり、こんなアナログな事をシステムとして対応していくのは大変なんだな、、、って思っていたんです。
そんな複雑なことをシステム化して、唯一対応してくれたのがクラウドロジさんだったんです。大手某社でも「要相談です」と言われ、どこもそんなもんだろうと思っていたので、これには驚きましたね。これで、費用や手間を余分にかける事なく、CRMを強化してけると思いました。にもかかわらず、、、、

価格が一番安かったんですよ。

やりたい事がやれるだけの機能が充実していて、細かな事にも対応できるし、それでいて一番価格が安い。それだったら、もうクラウドロジしかないでしょう、と。

また、何か問題が起きた時にすぐに対応してもらいたいというのもあったのですが、その点クラウドロジは葛西と品川に拠点があるので、急に何かあった時でも対応してもらえると思って安心でした。

やっぱり価格の面は大きかったですね。

―― 決め手になった点はどんなところでした?

やっぱり価格の面は大きかったです。正直あんまり、価格で選ぶのは好きじゃないんですよね。やはり、自分たちのやりたい事に適しているか?どこまで対応できるのか?といった点が一番重要ですし。

ただ、初回取引の場合は、お試しとか、スターターキットなどの「ディスカウント」から入るので、LTVも分かっていない現在の状況では、少しでもコストを抑えたかったんですね。

クラウドロジは月々の使用料が無く、配送料に包材費など、消耗品の費用も含まれているので、他社と比べてかなり違いがでます。

―― 実際にコストはどれくらい違いますか?

まず、クラウドロジは固定費がないですよね。もし他社でWMSを使用すると、月々の固定使用料として大体15,000円くらい必要になってきます。年間で考えると、結構痛い出費ですよね。その点クラウドロジは、月の取引が300件を超えなければ月の使用料がゼロなので、そこは立ち上げ段階の僕たちにとっては大きいです。
最終的にクラウドロジともう1社に絞りコストシミュレーションをして社内プレゼンをしました。
見た目のコストは、クラウドロジよりかなり安いけど、保管料、月の固定費が掛かるB社との対決ですね。シミュレーションしたら100件が分岐だったので、簡単にプレゼンは終わりました(笑)

WMSの使い方がとにかくカンタンで早い!面倒な作業が少なくて、ストレスが減りました!

―― 実際にクラウドロジを使ってみてどうですか?

もっと使い方が難しいと思っていたんですけど、意外と楽だったんですよね。早い!!これは、クラウドロジだけをずっと使っている方だと、比較対象がないのでなかなか理解しづらいとは思うんですが、注文があってから、WMSへの登録などに必要な工程や確認項目が、かなり少ないんですよ。

以前使っていたWMSはいくつも工程もあって、とてもめんどくさかった、、、その点、ボタン操作回数、確認するための画面数も少ないからいいですよね。
商品登録もかなりラクですし、イベント会場等への配送もWMSに登録すれば良いので毎回のイレギュラー対応の連絡をしなくても良いのでラクでした。
時間がめちゃくちゃ短縮できますし、データのアップロードが正確にできたのか?エラーがなかったのか?メールの通知を待つ事なく、その場ですぐに確認できる 。

これも意外な事だったんですが、これまでに使ってきた他社のWMS同様、出荷指示等、データのアップロード確認はメールで行われると思っていたんです。ただ、これだと、正確にアップロードが完了したのかどうかが確認できるまで、システムのバッチ処理があって時間が掛かってしまうんですよね。オンタイムで分からなかったので正常にアップロードができたのか、それとも失敗しているのか?がスグに分からないと不安なんですよ。

時間が経ってから「エラーがあって登録できてませんでした、、、」なんて言われるとそこから慌てて対応することにもなってしまいますし、、、
ところがクラウドロジは、アップロードと同時に、正確に作業が完了した事を操作画面のアイコンで教えてくれるんですよね。入出庫の指示や確認がほんとスムーズで、ストレスがなくなりました。
あとはサポートセンターがあるので待たされることなく、すぐに問題解決に当たってくれます。

以前使っていた大手のWMSの時、初期設定がとにかく大変だったんですよ。カートシステムからWMSに購入データを落とす時のシステムの項目が違うんです。ここを適合するのにとても苦労しました、以前の配送代行会社はカスタマーサポートはなく担当者に聞く事になっていたのですが担当者の方が現場に出ていることが多く、解決するまでに結構時間がかかっていたんです。

時間のロスも大きいですし、何か切迫した問題が発生したとして、お客様に迷惑をかけたりする可能性がある場合、少しでも早く解決しないと落ち着けないじゃないですか?それって結構ストレスなんですよね。

その点、クラウドロジは確実に話が分かる人につながるので、すぐに問題に対処してくれるんですよ、、 そこはかなり大きいです。

それと、僕が一番気に入っているのが納品書のメッセージを定期、都度購入でお客様毎に出し分けられること!

見るお客様は少ないと思いますが、納品書の中で都度購入の方は定期コースへのご案内ができてしまいます。
定期コースのお客様には納品書の中で次回お届け日、支払方法が記載できるので実施しています。

納品書に次回お届け日等が記載している事をQ&Aに記載し、忘れがちな次回お届け日を分かりやすくする事でお客様の不安を極力少なくできること、コールセンターのオペレーターにも好評で連携にも役立っています。
また、開発ストーリーや簡単なお礼文などメッセージとしても使っています。

包材が意外にいい!

あとは包材が意外に良かったんですよ!お客様の事をしっかり考えて作っているんだなって思いました。ミシン目が入ったワンタッチ包材になっていて開けやすいんですよ。

それに捨てる時も畳みやすく潰す作業をしなくて済む!
テープ貼りだと、カッターなどで箱を開けるので下手すると商品が傷ついてしまうし弊社の商材は女性が対象なのでネイルされているお客様も多いと思われるので爪で箱を裂いて爪が傷つかないのもとても良いです。

ある通販セミナーに参加した時も、箱の開けやすさ、捨てやすさも商品として見られている。と言われていた事を思い出し理想的な包材です。
しかも、包材のサイズ感もちょうどいいんです。商品サイズに比べて包材が大きすぎると スカスカ感がでて、なんだか寂しい感じになるんですよ、、、緩衝材もガチャガチャしてないですし。オリジナルではないんですけど、この包材は気に入ってます。

価格や性能の事を考えれば、どんな企業にもオススメできますが、クラウドロジの性能をフルに活かすなら、CRMを重視し、お客様ごとに細やかな対応をして行きたい企業に向いてますね。

―― ではクラウドロジはどんな企業にオススメですか?

そうですね、客層や定期期間、購入商品に合わせて細かく同梱物を設定したりと、、お客様ごとに細かい対応をして、お客様との関係性を長期に築いていきたい場合にはピッタリだと思います。
細かく対応していく上で発生する、ストレスの溜まる作業もシステム化されているので、めちゃくちゃ楽です。

ただ、「通販事業が儲かりそうだから、ウチでもちょっとやってみようかな?」程度の取り組み方であれば、せっかくの機能を持て余してしまうので、宝の持ち腐れになりそうな気がします。
何度も言うようですが、コストパフォーマンスが良いのもそうですし、WMSの操作がめちゃくちゃ楽になります。CRMの為に細かい対応をしていこうと考えている場合にはぜひオススメです。

インタビュー後記

WMSの操作で、余計な手間や時間、ストレスが掛からないように、「できるだけシンプルに」という所は私達がとても力を入れている部分ですので、喜んで頂けて本当に嬉しい限りです。

もちろん、まだまだ課題が多いのも事実です。これからさらに改良を加えて、より複雑な対応もシステム化してシンプルにできるように、より使い易さが向上するように、そして、お客様との良好な関係構築をサポートできるよう、アップデートを続けていきますので、今後ともよろしくお願い致します。

松山様、本日はお忙しい中、インタビューにお答頂きありがとうございました。

「導入事例」一覧に戻る